うらやましい!アフリカン女子のウィッグ

固定ページ

tuyana8519大学生時代に、欧州に留学していた際の経験談です。私が通っていた大学の語学コースには、様々な国籍の外国人留学生が集っていたのですが、その中にガーナ出身のかわいらしい女の子がいました。それまでにもアフリカ系の女の子と交流したことは何度もあったのですが、その子はかなりおしゃれに興味があるらしく、着こなしやメイクの仕方で、毎日の雰囲気をがらりと変えて登校するのです。いつしか、彼女のファッションチェックが私の毎朝の日課になっていました。
彼女の地毛はやや縮れた黒髪で、たいていはそれを編んだりまとめたりしていたのですが、ある日がらりと変わったストレート・ボブでやってきました。「ガーナちゃん(仮名)、どうしたの!美容院でストレートパーマかけたの!?」と聞くと、「ふふふ…あんまりばらしたくないんだけど…」と、近くに寄って髪の付け根を見せてくれたのです。「ウィッグを友達に借りたんだ。似合う?」
アフリカ系女子の髪の毛は、いい意味でおもちゃっぽい質感があると思うのです。それ故に、いつもの地毛とは異なるウィッグをつけても、全く違和感なしに「パーマかい!」と思えてしまう自然さがありました。それでしっくりしてしまう彼女が、とてもうらやましく思えたものです。
その後も彼女はビヨンセ風やらアフロやら、様々なウィッグをつけて登場しました。そのどれもが自然にキュートで、原色づかいのコーデに加えて、チョコレート色の彼女のお肌によく映えていたことをよく思い出します。
ヘアウィッグ通販☆かわいいおしゃれなウィッグhttp://xn--cckci5byfrf.com/